英語能力検定試験の必要性

英語能力検定試験の必要性

英語能力検定試験の必要性

次に、賛否両論のある話題に触れておきます。

というのも、これを知らずに英語を勉強している人はとても多いからです。

最初から、資格習得や就職のためにTOEICや英検を受験するのなら問題はないのですが、ただ単に、「英語がうまくなりたいから」という理由でこういった試験を受けても、あまり意味がないと私個人は考えています。

というのも、こういった英語の試験はあくまでも「どれだけ英語の(単語、文法などの)知識があるかを判定」するものであって、「ネイティブのように英語を自由に操れるかを判定」するものではないからです。

もちろん、できるだけ多くの単語を理解しているに限ったことはありません。

ですが、実際、日常会話を問題なく理解するのに必要とされるのはせいぜい3000~5000語です。

そう、意外と少ないんです!

英語ネイティブの人以上の単語知識をもっていても、ネイティブのように英語が話せるかというと、そうではないという人が結構いますよね。

要するに、難しい単語の意味を知っていても、それをどう使いこなすかが分からなければ意味がないんです。

立派な道具を持っていても、それをどう使ったらいいか分からない・・・という状況と同じなのです。

ですので、英語をペラペラ話したい!という人にはTOEICや英検の勉強はあまり効果的ではないと思うのです。

ただ、英語試験も全くムダというわけでもありません。

冒頭でも述べたように、例外として英語能力試験やスコアが必要という場合があります。

日本での就職活動時は必ずTOEICが必要になりますし、英語圏の大学へ進学を希望する人にとっては、TOFELかIELTSで大学または各学部が定めたスコア以上の点数をとる必要があります。

その場合は、英語の単語などを覚えるだけでなく、効果的に点数をかせぐ「試験のコツ」もあわせて勉強しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional