英語学習に向いている音楽とは?前編

英語学習に向いている音楽とは?前編

英語学習に向いている音楽とは?前編

では、具体的に参考書を使わない、英語の学習法を見ていきましょう。

まず手軽に始められるのは、「洋楽を聞くこと」ではないでしょうか。

洋楽のCDは、中古で100~500円くらい、新品なものでも2,000円するかしないかというくらい安く手に入る教材です。

インターネット上で音楽を買うと、最新の曲でも1曲100円以下ないしはもっと安価で手に入りますね。

また、MP3プレーヤーやスマホが普及した今、手軽に音楽を外でも聞けるようになりました。なので、通学・通勤時間、休憩時間、さらには寝る前など、ちょっとした時間、通称「隙間時間」で学習する事が可能です。

ただ、ここで注意してほしいのは、どんな歌手・音楽でもいいというわけではないということ。

ここでは音楽は「教材」です。

ですので、「教材」選びは慎重に行いましょう。

洋楽の中でも、ポップス、カントリー、ロック、オルターナティブ、R&Bなど様々なジャンルがあります。

どんなジャンルでも基本的にはかまわないのですが、テンポがゆっくりとしていて、できればですが、一語一語はっきり発音している歌手の曲が、語学学習向いているとされています。

聞き取りが難しい代表は、言わずと知れたラップ系の音楽です。

これは、テンポが速すぎるのと、くずした英語(いわゆるブロークンイングリッシュ)が使われていることが多いので、英語上級者でない限りあまり英語学習には向いていないようなので注意しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional