発音の強弱について

発音の強弱について

発音の強弱について

洋楽では、リスニングだけでなくアウトプット、つまりスピーキングも練習できます。

曲を何回も聴いていると、歌手は単語一語ずつをはっきりと発音していなかったり、とても弱く発音されている単語があることに気がつくはずです。

今までは聞くだけのインプットの学習でしたが、今度は、歌詞を見ながら実際に声に出して単語を発音してみましょう。

一語一語ずつ発音していると、リズムからずれてしまうはずです。

そう、一語一語はっきりと発音するのは、ネイティブの発音ではないのです。

日本語でも、一音一音はっきりと発音はしていなですよね?

音に強弱があったり、ある音が別の音とくっついてしまうケースがあることに気づくはずです。

それと同じことが英語でも起こっているのです。

例を挙げてみると、冠詞や前置詞と呼ばれるものは、ほかの重要な情報を持つ名詞や動詞などの単語に比べ、弱くしか発音しません。

音がくっつく典型的な例が、日本語でもしばし使われる「ウォンチュー」です。「ウォンチュー」は「want」と「you」がくっついた形です。

歌なので、曲によっては多少テンポが通常の日常会話よりも速かったり、遅かったりしますが、単語の強弱は基本的に同じです。

この発音の強弱などの点に注意をして、歌詞をもう一度見ながらよく曲を聴いてみましょう。

どんな単語が弱く発音されているか分かると、それをスピーキングに活用することができます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional