字幕なしでもう一度観てみる

字幕なしでもう一度観てみる

字幕なしでもう一度観てみる

単語の意味や、表現を一通り確認した後でもう一度同じエピソードを見てみましょう。

単語の意味などが部分部分で分かるようになると、別の箇所にも注意を払えるようになります。

そして、前に聞き取れなかった部分、理解できなかったストーリー展開などが徐々に見えてくるようになるはずです。

字幕なし鑑賞→意味のチェック→字幕なし鑑賞という流れでリスニングのトレーニング1セットとなるのですが、ここで覚えておいてほしいのは「内容を100%理解する必要はない」ということです。

100%理解しようとするには、上級の人、もしくはネイティブでない限り難しいと思われます。

ですので、まずこの勉強を始めた段階では、スクリプトなしで内容を50%~60%ほど理解できれば次に進んでもよいと思います。

そして、英語ネイティブの自然な会話スピードに耳が段々慣れてきたら、内容の理解度を70%~80%程度に引き上げてみるとよいと思います。

スクリプトを見ないで理解しようとすると辛いと感じる人もいうでしょう。

ですが、スクリプトを見るとどうしても甘えがでてしまいます。

スクリプトを見ながら、ドラマを観るのは、解答を見ながら問題集の問題を解くのと同じです。

ですので、そこはぐっと我慢してこらえて、英語字幕のみで乗り切ってください!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional