同じ英語でも違う英語

同じ英語でも違う英語

同じ英語でも違う英語

英語と一口にいっても、実はアメリカ英語、イギリス英語をはじめ、カナダ英語、オーストラリア英語、シンガポール英語、インド英語などなどお国によって、様々な英語が存在します。

そして、発音、語彙、スペルなど細かい点ではありますが、相違点があります。

発音にいたっては、同じ国でも地域が違うだけで、変わってしまうのです。

日本で販売されている英語教材は、ほとんどがアメリカ英語のものですが、イギリス英語の教材も存在します。

もし、英語の発音、語彙、スペルの統一性を望むのであれば、そういった点を注意して教材を選びましょう。

自分で教材の中身を見て、スペルなどをチェックしたり、説明書きのところをまず読んでどんな英語が使われているかを確認してもよいでしょう。

自分では判断がしにくいなぁと思った場合は、書店の店員さんに尋ねてもよいと思います。

色々な英語に慣れておきたいという方は、様々なアクセントの英語に触れてみるとよいと思います。

ただ、様々な英語を使って勉強する場合、スペルを書く場合に注意が必要になってきます。

というのもアメリカ英語とイギリス英語のスペルを混ぜて使うと、印象がとても悪くなります。

これを学校などでやると、減点対象になってしまうほどなのです。

アメリカ英語を勉強するなら、アメリカ英語のスペルを、イギリス英語を勉強するならイギリス英語のスペルを、しっかりマスターするようにしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional