ドラマで英語を学ぶメリットとは?

ドラマで英語を学ぶメリットとは?

ドラマで学ぶ英語を学ぶメリットとは?

ドラマは、日常生活で使われている英語を理解するのにとても有効的です。

参考書などについてくるCD教材は、1人の人が、学習者が学習しやすいように一定の速さで、はっきりと発音されています。

要するに「偽物の英語」なのです。

一方、ドラマは、参考書や音楽からでは学べない「実際の日常会話」、つまり自然な口語体を学ぶことができます。

様々な人が様々な癖とアクセントで英語を話すので、実生活で耳にする英語ととても近いです。

大手出版などは、映画のスクリプトを使って英語を勉強する参考書などが出ていますが、映画を学習の教材に使うのは、上級者向けです。

また、そういった教材に掲載されているスクリプトを机に向かってじっくりと勉強、特に和訳する練習をするのは、教材の狙いである「生きた英語を学ぶ」ということから大きく外れてしまいます。

映画の長さは通常90~120分です。長いですよね。

そして、映画は非日常的な不思議な出来事が起こるストーリーなどが多く、「普通の日常会話」の比重はとても低いです。

その点、ドラマは短いもので約30分、長いものでも約45分しかありません。

そして、家、学校、会社などどこにでもあるような、誰でも共感できるような設定のものが多く存在します。

地上波や衛星放送でしか今まで視聴できませんでしたが、最近は、大手レンタルビデオ屋などでも大きい海外ドラマセクションなどが出来たり、テレビのデジタル化により専門チャンネルが設立され、誰でも安く気軽に楽しめるようになりました。

ですので、わざわざ書店で高い参考書を買わずに、こういった安い機会を最大に利用して勉強にいかしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional