ドラマで学習するコツ

ドラマで学習するコツ

ドラマで学習するコツ

テレビを見ることは、典型的な勉強とは一見かけ離れているように見えますが、語学に堪能でその文化に精通している人は、テレビや映画をよく見る傾向にあります。

洋楽同様、この学習法で大事なのは、「楽しむ」ことです。

ドラマのストーリー自体をまず楽しみながら見ましょう。

そして、大好きなドラマの中で出てくる文化の違いも楽しんで、英語だけではなく、その国の文化への理解も視覚と聴覚を使って深めましょう。

これが洋楽を使った学習法にはない、この学習法のメリットです。

文化といっても、歴史的背景だったり、政治的背景だったり、はたまたポップカルチャーと呼ばれる、日本語でいういわゆる流行など、様々なものが絡まりあっています。

この複雑に構成された文化を理解することで、バックボーンというものが見えてきます。

これが見えると、単語そのものを勉強するよりも「この人は○○について話てるな」と簡単に話の流れをつかむことができます。

そしてその結果、会話の理解度がぐんと増すのです。

また、リスニング練習において、スクリプトを使わないやり方を徹底することにより、会話からキーワードを自然に探す癖がつきます。

ドラマと違って台本がない現実の世界で行われる会話や、台本が存在しない、またはあったとしても入手困難なトークショーやオーデション番組など他のジャンルのテレビ番組も臆することなく字幕なしで挑戦することができるようになるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional